2018 - 2019 編集委員会委員

 

 

委員長

藤村龍至 Ryuji Fujimura

1976年東京生まれ/2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学/2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰、2016年より東京藝術大学准教授。

幹事

門脇耕三 Kozo Kadowaki

明治大学理工学部建築学科 専任講師/アソシエイツ パートナー/1977年生まれ/2000年東京都立大学工学部卒業、2001年同大学院工学研究科修士課程修了/博士(工学)/東京都立大学助手、首都大学東京助教などを経て現職/専門:建築構法・構法計画・建築設計/著書に『「シェア」の思想/または愛と制度と空間の関係』(LIXIL出版,2015)ほか

豊川斎赫 Saikaku Toyokawa

1973年生まれ/東京大学卒業、同大学院修了/工学博士/著書に『丹下健三とKENZO TANGE』/作品に「小山高専建築学科棟改修」/2014年日本建築学会著作賞受賞

深尾精一 Seiichi Fukao

首都大学東京名誉教授/1949年東京都生まれ/東京大学卒業後、同大学院博士課程修了、1977年東京都立大学助教授、1995年同教授、大学改組により2005年首都大学東京教授/専門:建築構法学/主な作品に「繁柱の家」「実験集合住宅NEXT21(協働)」ほか/著書に『建築構法(共著)』『住まいの構造・構法』ほか/2001年日本建築学会賞(論文)、1996・1999年日本建築学会作品選奨受賞

満田衛資 Eisuke Mitsuda

構造家、株式会社満田衛資構造計画研究所代表取締役、阪工業大学客員教授/博士(工学)/1972年京都市生まれ/1997年京都大学工学部卒業、1999年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了、㈱佐々木睦朗構造計画研究所を経て、2006年満田衛資構造計画研究所設立、2014年京都大学大学院博士後期課程修了/2011年JSCA賞新人賞、2013年日本構造デザイン賞、2016年京都建築賞藤井厚二賞受賞

山崎泰寛 Yasuhiro Yamasaki

滋賀県立大学准教授/1975年生まれ/横浜国立大学教育学部卒業、京都大学大学院教育学研究科修了/建築ジャーナル編集部を経て、2013年京都工芸繊維大学大学院博士後期課程修了/博士(学術)/専門:建築展・デザイン展を中心とした近代建築史・建築メディア論の研究/著書:『リアル・アノニマスデザインネットワーク時代の建築・デザイン・メディア』(共編著、学芸出版社、2013年)ほか

委員

秋吉浩気 Koki Akiyoshi

VUILD代表取締役CEO/1988年生まれ/2013年芝浦工業大学工学部建築学科卒業、2015年慶應義塾大学政策・メディア研究科政策・メディア専攻X-design領域終了、2016年株式会社VUILD design&management設立/デジタルファブリケーション機器を用いた分散型建築生産体系の構築を行う傍ら、デジタル工務店として材料調達から設計施工まで一気通貫で行っている

家成俊勝 Toshikatsu Ienari

dot architects

石榑督和 Ishigure Masakazu

東京理科大学工学部建築学科助教、ツバメアーキテクツ/1986年生まれ/2014年明治大学大学院理工学研究科博士後期課程修了/博士(工学)/専門:建築史・都市史/著書に『戦後東京と闇市』(鹿島出版会・2016)ほか/2015年日本建築学会奨励賞、第一回住総研博士論文賞(2016)受賞ほか

泉山塁威 Rui Izumiyama

東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ編集長・共同代表理事、アーバンデザインセンター大宮|UDCOディレクターほか/博士(工学)/認定准都市プランナー/1984年札幌市生まれ/2009年日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻修了、2015年明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士後期課程修了。(株)アルキメディア設計研究所、明治大学理工学部建築学科助手、同大学助教を経て、現職/日本建築学会・戦略的パブリックスペース活用学【若手奨励】特別研究委員会委員長ほか、学会大会関連行事・シャレットワークショップ事務局/黒石市こみせ再生提案競技・保存修理部門―現存する「こみせ」による歴史的町並みのストリートマネジメント― 優秀賞受賞ほか/著書に『市民が関わるパブリックスペースデザイン-姫路市における市民・行政・専門家の創造的連携-』(共著、エクスナレッジ、2015年)ほか

市川紘司 Koji Ichikawa

東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手/1985年生まれ/2017年東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了/博士(工学)/専門:アジア建築史/2013~2015年清華大学建築学院に中国政府奨学金留学生として留学/著書に『中国当代建築──北京オリンピック、上海万博以後』(フリックスタジオ)、『中国的建築処世術』(共著、彰国社)ほか

稲垣淳哉 Junya Inagaki

Eureka共同主宰、早稲田大学芸術学校准教授/1980年生まれ/2006年早稲田大学大学院修士課程修了、2007~2009年 早稲田大学建築学科助手(古谷誠章研究室)、2009年Eureka共同主宰、2015年 法政大学兼任講師、2017年早稲田大学芸術学校准教授就任/主な作品・受賞に「Dragon Court Village」(The Architectural Review AR HOUSE Awards 2014 Highily Commended <英国>・日本建築学会作品選集新人賞・日本建築家協会JIA東海住宅建築賞2014大賞 中部建築賞奨励賞)、「Around the Corner Grain」「Ono-Sake Warehouse」「A House in the house tree」「感泣亭」「N獣医の家」「Blanks」

木村俊明 Toshiaki Kimura

京都大学大学院工学研究科建築学専攻助教/1983年生まれ/2008年名古屋大学大学院修士課程修了、2008年~2017年佐々木睦朗構造計画研究所/博士(工学)/専門:構造最適化・構造設計/2014年日本建築学会奨励賞受賞(2014)ほか

酒谷粋将 Suisyo Sakatani

日本学術振興会特別研究員PD(東京大学建築学専攻)/1988年生まれ/博士(工学)/2015年京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了/専門:建築設計・設計方法論

高瀬幸造 Kozo Takase

東京理科大学理工学部建築学科・助教/建築環境・設備/博士(工学)/1983年神奈川県生まれ/2007年東京大学工学部建築学科卒業/2012年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了後、東京大学特任研究員を経て、2014年より現職/2017年第7回サステナブル住宅賞国土交通大臣賞受賞ほか

 

土岐文乃 Ayano Toki

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻助教/1983年生まれ/2012年筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻博士課程修了/博士(デザイン学)/専門:建築理論・建築デザイン

永井佑季 Yuki Nagai

佐々木睦朗構造計画研究所/1983年生まれ/2012年日本大学大学院理工学研究科建築学専攻博士後期過程修了/博士(工学)/専門:構造デザイン

中島弘貴 Hiroki Nakajima

(株)アール・アイ・エー計画部/東京大学大学院博士課程/1988年生まれ/2014年東京大学大学院修士課程修了/専門:都市計画・建築設計・環境工学

平野利樹 Toshiki Hirano

東京大学建築学専攻助教/1985年生まれ/博士(工学)/京都大学卒業、プリンストン大学建築学部修士課程修了、東京大学建築学専攻博士課程修了/専門:建築意匠/Suzanne Kolarik Underwood賞(プリンストン大学修士設計最優秀賞)受賞ほか

樋渡彩 Aya Hiwatashi

東京藝術大学教育研究助手/2016年法政大学デザイン工学研究科建築学専攻博士後期課程修了/博士(工学)/専門:都市史/2006年イタリア政府奨学金留学生としてヴェネツィア建築大学に留学、日本学術振興会特別研究員を経て現職/著書に『ヴェネツィアとラグーナ――水の都とテリトーリオの近代化』(鹿島出版会)、『ヴェネツィアのテリトーリオ――水の都を支える流域の文化』(共編著、鹿島出版会)/日本建築学会奨励賞、前田工学賞、住総研博士論文賞受賞ほか

藤田慎之輔 Shinnosuke Fujita

東京工業大学助教、(株)DN-Archi共同代表/1985年広島県生まれ/2008年名古屋大学卒業、2010年京都大学大学院修士課程修了、2013年広島大学大学院社会人博士課程修了/博士(工学)/専門:構造設計・構造最適化・微分幾何学/一級建築士/2010-2016年有限会社金箱構造設計事務所を経て現職

松島潤平 Jumpei Matsushima

松島潤平建築設計事務所主宰、芝浦工業大学非常勤講師、武蔵野大学非常勤講師/1979年長野県生まれ/2002年東京工業大学建築学科卒業、2005年同大学大学院建築学専攻修士課程修了、2005年~2011年隈研吾建築都市設計事務所勤務、2011年松島潤平建築設計事務所設立、2012年~東京工業大学大学院建築学専攻博士課程在籍/2016年日本建築学会作品選集新人賞、2015年度グッドデザイン賞受賞ほか/著書に『1995年以後--次世代建築家の語る現代の都市と建築』(エクスナレッジ・協同編著)、『アーキテクト2.0 2011年以後の建築家像』(彰国社・協同編著)

三浦詩乃 Shino Miura

横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 助教/1987年生まれ/東京大学大学院 新領域創成科学研究科修了/博士(環境学)/専門:都市デザイン、公共空間のデザイン・マネジメント/日本都市計画学会論文奨励賞受賞(2016)/ 独立行政法人日本学術振興会特別研究員を経て、2015年より現職。

水谷元 Hajime Mizutani

ヒュージ空間設計室/1981年兵庫県神戸市生まれ/福岡県福岡市の能古島育ち/九州産業大学にて森岡侑士に師事し、2004に中退/2011年よりatelier HUGE主宰/著書に『現在知 Vol.1 郊外その危機と再生』(共著:NHK出版)、『地域で建築を仕事にする』(共著:学芸出版)

三井祐介 Yusuke Mitsui

株式会社日建設計 設計部門 設計部/1977年生まれ/2004年東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修了/専門:建築設計・都市計画

宮城島崇人 Takahito Miyagishima

宮城島崇人建築設計事務所主宰、北海道科学大学非常勤講師/1986年生まれ/2011年東京工業大学大学院修士課程修了、2011年北海道大学国際広報メディア・観光学院博士課程、2011年マドリード建築大学(ETSAM)奨学生、2013年宮城島崇人建築設計事務所設立/専門:建築設計・建築意匠論・観光学/作品に「丘のまち交流館"bi.yell"」ほか/北海道赤レンガ建築奨励賞受賞

三宅拓也 Takuya Miyake

京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教/1983年生まれ/2013年京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了/博士(学術)/専門:建築史・博物館史/著書に『近代日本〈陳列所〉研究』(思文閣出版)、『「ベルギー」とは何か?』(共著、松籟社)ほか/山田一宇賞(2016年)、全日本博物館学会賞(2016年)受賞ほか

柳沢究 Kiwamu Yanagisawa

京都大学大学院工学研究科建築学専攻准教授/1975年生まれ/2001年京都大学大学院修士課程修了/博士(工学)/専門:建築計画・建築設計/著書に「堀部安嗣 小さな五角形の家」(共著、学芸出版社)、「住まいがつたえる世界のくらし」(共著、世界思想社)、「初歩からの建築製図」(共著、学芸出版社)ほか/作品に「あじまの家」「紫野の町家改修」「斜庭の町家」ほか/京都建築賞優秀賞、地域住宅計画賞受賞ほか

吉本憲生 Norio Yoshimoto

横浜国立大学大学院Y-GSA・産学連携研究員/1985年生まれ/2014年東京工業大学総合理工学研究科人間環境システム専攻博士課程修了/博士(工学)/専門:近代都市史・都市空間構造

米澤隆 Takashi Yonezawa

米澤隆建築設計事務所主宰、大同大学専任講師/1982年京都府生まれ。2007年名古屋工業大学工学部卒業。2014年名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。2005年より米澤隆建築設計事務所主宰。2016年より大同大学専任講師。作品に「公文式という建築」(2011)、「Glass Pavilion」(2013)、「福田邸」(2013)、「想像都市SAPPORO」(2014)、「白と黒の家」(2015)ほか/SDReview2008入選、京都デザイン賞、AR Awards 2011(イギリス)優秀賞、JCDデザインアワード2012 金賞+五十嵐太郎賞、U-30 Glass Architecture Competition 最優秀賞、THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2013(アメリカ)、SDReview2014入選、日本建築学会作品選集新人賞2015、AR House Awards2015(イギリス)Shortlisted、SDReview2015入選ほか

2016-2017 編集委員会委員