2022 - 2023 編集委員会委員

 

 

委員長

岩佐明彦(いわさ・あきひこ)

法政大学デザイン工学部建築学科教授/1970年生まれ/1994年東京大学工学部建築学科卒業、2000年同大学院工学系研究科博士課程修了/博士(工学)/新潟大学助手、同大准教授を経て現職/専門:建築計画学/著書:『仮設のトリセツ』、『建築設計資料集成(総合編)』、『まちの居場所』など

幹事

饗庭伸(あいば・しん)

東京都立大学教授/1971年生まれ/1993年早稲田大学建築学科卒業/博士(工学)/東京都立大学助手、同大准教授を経て現職/専門:都市計画学/著書:『都市をたたむ(花伝社)』『平成都市計画史(花伝社)』『津波のあいだ、生きられた村(鹿島出版会)』など

伊藤香織(いとう・かおり)

東京理科大学理工学部建築学科教授 / 1971年生まれ / 1994年東京大学工学部建築学科卒業、2001年同大学院工学系研究科博士課程修了 / 博士(工学) / 日本学術振興会特別研究員、東京大学空間情報科学研究センター助手、東京理科大学講師、同准教授を経て現職 / 専門:都市デザイン・都市解析 / 著書:『シビックプライド:都市のコミュニケーションをデザインする』、『シビックプライド2【国内編】:都市と市民のかかわりをデザインする』、『まち建築:まちを生かす36のモノづくりコトづくり』など

鍵直樹(かぎ・なおき)

東京工業大学環境・社会理工学院建築学系教授/1971年生まれ/1994年東京工業大学工学部建築学科卒業、1999年同大学院情報理工学研究科博士後期課程修了/博士(工学)/東京工業大学助手、国立保健医療科学院室長、東京工業大学准教授を経て現職/専門:建築環境工学/著書:『しくみがわかる建築環境工学』、『基礎教材建築環境工学』など/受賞:2021年日本建築学会賞(論文)

倉方俊輔(くらかた・しゅんすけ)

大阪市立大学大学院工学研究科教授/1971年生まれ/1994年早稲田大学理工学部建築学科卒業、2000年同大学院工学系研究科博士課程修了/博士(工学)/西日本工業大学准教授、大阪市立大学准教授を経て現職/専門:建築史/著書:『京都 近現代建築ものがたり』、『伊東忠太建築資料集(全7巻)』、『吉阪隆正とル・コルビュジエ』など

島原万丈(しまはら・まんじょう)

株式会社LIFULL・LIFULL HOME'S総研社長/1965年生まれ/1989年中央大学経済学部卒業、同年株式会社リクルート入社、2005年リクルート住宅総研を経て、2013年より現職/専門:「住むこと」に関するマーケティング/著書:『本当に住んで幸せなまち 全国官能都市ランキング』など

多田脩二(ただ・しゅうじ)

千葉工業大学創造工学部建築学科准教授/1969年生まれ/1992日本大学理工学部建築学科卒業、1995年日本大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程修了/修士(工学)/佐々木睦朗構造計画研究所を得て多田脩二構造設計事務所設立/専門:構造デザイン/著書『構造デザインのあゆみ』、『木造住宅ラクラク構造計算入門』、『建築のリテラシー』、『構造ディテール図集』、『構造設計を仕事にする』など/設計:「中国木材名古屋事業所」「工学院大学武道場」「東松山農産物直売所」「TBM」など

西田司(にしだ・おさむ)

委員

石山央樹(いしやま・ひろき)

大阪市立大学大学院工学研究科准教授/1975年生まれ/1998年東京大学工学部建築学科卒業、2009年同大学院工学系研究科博士課程修了/博士(工学)/住友林業株式会社主任研究員、中部大学准教授を経て現職/専門:木質構造・建築構法/著書:『本質を理解しながら学ぶ建築数理』、『図説建築構法』、『図説建築施工』など

上野佳奈子(うえの・かなこ)

明治大学理工学部建築学科教授/1973年生まれ/1996年東京大学工学部建築学科卒業、1998年同大学院工学系研究科修了/博士(工学)/東京大学生産技術研究所助手・助教、明治大学理工学部専任講師・准教授を経て現職/専門:建築音響学/著書:『光と音の建築環境工学』、『音と生活』、『コンサートホールの科学』など

海塩渉(うみしお・わたる)

東京工業大学環境・社会理工学院建築学系助教/1990年生まれ/2013年慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科卒業、2019年同大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程修了/博士(工学)、一級建築士、建築設備士/2015年鹿島建設株式会社建築設計本部設備設計統括Grを経て現職/専門: 建築環境工学、公衆衛生学

江本弘(えもと・ひろし)

京都美術工芸大学助教/1984年生まれ/2008年東京大学工学部建築学科卒業、2017年同大学院工学系研究科博士課程修了/博士(工学)/日本学術振興会特別研究員(PD、千葉大学)を経て現職/専門:近現代建築史/著書:『歴史の建設――アメリカ近代建築論壇とラスキン受容』など

佐藤布武(さとう・のぶたけ)

名城大学理工学部助教/1987年生まれ/2011年千葉大学工学部デザイン工学科卒業、2016年筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻博士後期課程修了/博士(デザイン学)/筑波大学芸術系助教を経て現職/専門:農村計画・意匠/代表作:「もものうらビレッジ」など

瀬川翠(せがわ・みどり)

宋俊煥(ソン・ジュンファン) 

高橋寿太郎(たかはし・じゅたろう)

創造系不動産株式会社・代表取締役/1975年生まれ/1998年京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科卒業、2000年同大学院工芸科学研究科修了、2018年グロービス経営大学院大学経営研究科修了/専門:不動産学/著書:『建築と不動産のあいだ』、『建築と経営のあいだ』、『建築学科のための不動産学基礎』など

髙道昌志(たかみち・まさし)

東京都立大学都市環境学部都市政策科学科助教/1984年生まれ/2008年法政大学工学部建築学科卒業/2016年同大学院デザイン工学研究科博士課程修了/博士(工学)/法政大学エコ地域デザイン研究センター研究補助員を経て現職/専門:都市・建築史/著書:『外濠の近代―水都東京の再評価』、『外濠―江戸東京の水回廊』(共著)など

津川恵理(つがわ・えり)

ALTEMY代表・東京藝術大学教育研究助手・東京理科大学非常勤講師/2013年京都工芸繊維大学卒業、2015年早稲田大学創造理工学術院修了/2015-2018年組織設計事務所勤務、2018年より文化庁新進芸術家海外研修員としてDiller Scofidio+Renfro(NY)に勤務/2019年ALTEMYとして独立・代表、2020年東京藝術大学教育研究助手着任、2021年東京理科大学非常勤講師着任/2019年阪急神戸三宮駅前広場デザインコンペ最優秀賞受賞、2021年竣工

佃悠(つくだ・はるか)

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授/1981年生まれ/2004年東京大学工学部建築学科卒業/2012年同大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了/博士(工学)/東北大学大学院助教を経て現職/専門:建築計画/著書:『集合住宅の新しい文法』、『復興を実装する-東日本大震災からの建築・地域再生』など

花岡郁哉(はなおか・いくや)

竹中工務店東京本店設計部/1975年生まれ/1999年東京大学工学部建築学科卒業、2001年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、竹中工務店入社/主な作品に「リバーホールディングス両国」(AIA Japan Design Award最優秀賞)、「EQ House」(World Architecture Festival入選)、「日本海事検定協会本部ビル」(日事連建築賞)、「カンダホールディングス本社」(Design for Asia Awards銀賞)、「第一生命新大井事業所(BCS賞)」、「池袋第一生命ビルディング」(日本建築学会作品選集新人賞)、「Uniqlo Tokyo」(実施設計)など

林咲良(はやし・さら)

明治大学理工学部建築学科助教/1990年生まれ/2013年東京工業大学工学部建築学科卒業、2019年同大学院理工学研究科博士課程修了/ 博士(工学)/生物多様性に配慮した建築に関する研究を行う

一言太郎(ひとこと・たろう)

ニューラルポケット株式会社事業戦略部理事/1981年生まれ/2004年東京大学農学部卒業、2006年同大学院農学生命科学研究科修了/国土交通省(造園職)を経て2021年より現職/AI画像解析による都市空間の可視化に取り組む/公園・スポーツ・都市農地・まちづくり・新技術等に関する講演会や寄稿多数。著書:『実践版! グリーンインフラ』(共著)

福島佳浩(ふくしま・よしひろ)

東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教、Graph Studio/1987年生まれ/2009年東京大学工学部建築学科卒業/2018年同大学院工学系研究科博士課程修了/博士(工学)/佐藤淳構造設計事務所、東京大学特任研究員を経て現職/専門:鋼構造

前田昌弘(まえだ・まさひろ)

京都大学人間・環境学研究科准教授/1980年生まれ/2004年京都大学工学部建築学科卒業、2012年同大学院工学研究科博士後期課程修了/博士(工学)/京都大学助教、同講師、京都府立大学准教授を経て2021年より現職/専門:建築計画学/著書:『津波被災と再定住ーコミュニティのレジリエンスを支える』、『建築フィールドワークの系譜ー先駆的研究室の方法論を探る』、『住まいから問うシェアの未来ー所有しえないもののシェアが,社会を変える』など

宮部浩幸(みやべ・ひろゆき)

近畿大学建築学部教授・SPEAC アーキテクト/1972年生まれ/1995年東京大学工学部建築学科卒業/1997年同大学院工学系研究科建築学専攻修了/博士(工学)/北川原温建築都市研究所、東京大学助手、リスボン工科大学客員研究員、スピーク取締役、近畿大学准教授を経て現職/専門:建築再生、建築意匠/作品:パプリックハイツなど/著書:『リノベーションの教科書』(共著)など

山崎嵩拓(やまざき・たかひろ)

神戸芸術工科大学環境デザイン学科助教/1991年生まれ/2013年北海道大学工学部環境社会工学科卒業、2007年同大学院工学院博士課程修了/博士(工学)/日本学術研究会特別研究員(PD)、東京大学特任助教を経て現職/専門:都市ランドスケープ計画論/編著書:『タクティカル・アーバニズム』

2020-2021 編集委員会委員