2020-10月号 OCTOBER

特集= 特集10 BIM・建築情報の拡張と進化


10 BIM ・ Expansion and Evolving of Building Information

 

特集10 BIM・建築情報の拡張と進化

BIM(Building Information Modelling)とは、コンピュータ上に作成した主に3次元の形状情報に加え、室などの名称・⾯積、材料・部材の仕様・性能、仕上げなど、建築物の属性情報を併せもつ建築物情報モデルを構築するシステムである(建築BIM推進会議「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」国土交通省、2020・3)。BIMや建築情報の現在地、建築情報の拡張性、都市や街区と建築情報の関係性が今回のテーマである。
 BIM、IoT、A Iなどのデジタル技術の普及や進歩、技術のグローバル化により、建築情報の重要性が⾼まっている。これまで、設計や施⼯というモノづくりを中⼼としていた建築情報が、活⽤の範囲や規模を拡張し、新しい価値とサービスとつながりはじめている。
 ⽇本の建築業界にBIMの概念が⼊ってきてから10年以上が経ち、さまざまな課題が⾒えてきた。2019年には国⼟交通省が建築BIM推進会議を⽴ち上げ、業界のBIM普及に関する課題整理を進めている。推進会議では建物の企画から運⽤までのプロセスを横断した情報管理、建築情報のF M(ファシリティマネジメント)活⽤の重要性が議論された。
 建築情報を設計や施⼯だけでなく、確認申請や不動産情報、施設管理やアーカイブなど、業界全体でデジタルに活⽤することで情報の価値が⾼まり、新しいサービスが⽣まれる。都市や街区、不動産サービスにおいても、さまざまな建築のテックが建築情報を必要としている。
 都市と建築の情報が拡張することで⽣み出される新しい価値について論考する。

[安井謙介・板⾕敏正・吉村靖孝・鳴川肇]

[目次]

建築×テック 09
000データがもたらす
不動産市場改革 板谷敏正

002

特集10 BIM・建築情報の拡張と進化
BIM ・ Expansion and Evolving of Building Information

第1部:イントロダクション
004論考1
海外におけるBIMの状況/建築情報の標準化 足達嘉信
006論考2
わが国の建築BIM推進会議における
検討状況について 田伏翔一

第2部:建築情報の拡張
010論考3
つくるための建物情報とつかうための
建物情報 志手一哉
012論考4
生産プロセスにおける建築情報連携 三戸景資
014論考5
デジタル確認申請で拡張される建築情報 武藤正樹
016論考6
不動産評価とBIMの連携 浅尾輝樹
018論考7
不動産情報のデジタル化とBIMとの連携 
板谷敏正
020論考8
ICT・BIMを基盤にした建築設計教育 澤田英行

第3部:未来のまちと建築情報
022論考9
建築シンギュラリティ―業界を変革する
新しいビジネスモデルの萌芽 板谷敏正
023論考10
"建築×テック"は建築の美学を更新するか?
吉村靖孝
024取材1
アルゴリズミックデザインの可能性
―AIは建築設計を変えるか 松川昌平
028論考11
AIと人間の共創の大義 山田悟史
030論考12
テックを利用した建物・まち・
ストリートの評価 田中英輝
032取材2
海外のFMテック最新動向 松岡利昌
036編集記事
特集を振り返って 安井謙介

動いている建築 08
037終わりのない
ブリコラージュ 宮本佳明

海外で働く、海外で学ぶ 16
038二つの「あたり前」と
寛容な調整 川原達也

海外で働く、海外で学ぶ 17
039Speculative Architect
として未来を描く 吉川学志

歴史的建造物にみる建築の拡張と縮退 09
040「古跡」にみる建築の拡張と縮退(変遷と活用)
―紀州庵(台湾台北市) 李長蔚

ポスト・アルベルティ・パラダイムの建築表現 08
041存在しないカメラアイ 中山英之

建築をひろげる教育のいま 10
042建築への志と
デジタルリテラシー 志手一哉

学会発 08
044住宅の火災安全小委員会
―火災から人々のくらしを守るために 上川大輔

素材・材料、経年劣化・美化 07
045車いす競技×床損傷
國枝陽一郎

特集をめぐって 10
046デジタル・ターンの記号問題
難波和彦

建築討論アフタートーク 10
048建築情報と都市の
決定論的カオス 松田達×安井謙介×難波和彦