2021-2月号 FEBRUARY

特集= 特集14 建築の豊かさを問い直す

―ローコスト建築の諸相
14 Rethinking the Richness of Architecture: Aspects of Low Cost Architecture

 

特集14 建築の豊かさを問い直す―ローコスト建築の諸相

現代日本では、人口減少や空き家の増加、経済の停滞の影響を受けながら、多くの建築家たちが低予算の建築にも前向きに取り組んでいる。設計上の制約を逆手に取ったアイデア、安価な材料の組み合わせの妙、身の回りの資源を用いたブリコラージュ、貧しさのアイロニー的な表現を駆使し、厳しい予算でも新鮮な建築のあり方が追求されている。しかし、建築の長寿命化・高性能化とストックの充実が求められる今日では、新たに建築を建てることの是非もかつてなく問われている。このようななかで、ローコスト建築を建て続ける意味を根本から考える必要があるだろう。
 そもそも、ローコストであることは近代建築の根本と密接に関わっている。第一次世界大戦前後、ヨーロッパのモダニストたちは建築生産と計画学の観点からローコスト住宅の大量生産を目論みた。そして、その即物的な表現は、レス・イズ・モアやモア・ウィズ・レスといった「レス = 少なさ」を肯定する美学や技術観に結びついた。「成長の限界」の警鐘が鳴らされた1970年代以降は、エコロジーの観点から省資源を突き詰めたローコスト建築も生まれた。その後も、戦災や天災、経済危機が訪れるごとに、建築家たちは切り詰める、使い倒す、諦める、といった切実な実践を通じて新しい時代を切り開くヒントを掴み、社会と結びついたローコスト建築を提案してきた。「Small Scale Big Change」展(MoMA、 2010)以降に活発化したソーシャル・エンゲージド・デザインの世界的流行は、その最新例と言えるだろう。
 生産、計画、技術、美学、社会性。一言にローコスト建築といっても、その背後にある意図は多様であり、異なるチャレンジが複雑に絡み合っている。本特集では、近代から現代に至るまでのローコスト建築を再考し、その諸相について考えたい。これは、成熟を迎え、縮退時代とも呼ばれる今日の日本において、建築の豊かさとは何かを問い直す試みである。

[岩元真明、川島範久、能作文徳]

[目次]

建築×テック13
000クラウドファンディングを
活用した不動産の開発および再生 板谷敏正

002

特集14 建築の豊かさを問い直す
―ローコスト建築の諸相
Rethinking the Richness of Architecture:
Aspects of Low Cost Architecture

003取材
経済合理性・物質性・美学―「貧しさ」から
建築の可能性を考える 石山修武
007論考1
心地よい居場所 深澤直人
009論考2
そのローコストは、何を根拠にしているのか?
―実験住宅プロジェクトPREVIの今日的意義
連勇太朗
011論考3
新しいスタンダード―戦争で荒廃した
フィンランドはいかにして困難を好機に変えたか
フィリップ・ティドウェル
013論考4
アルド・ロッシの"貧しさ、侘しさ"
片桐悠自
015論考5
ラカトン&ヴァッサルとアフリカ 伊藤維
017論考6
ルーラルスタジオとフロント・ポーチ・
イニシアチブ―オーバーン大学における
住宅アフォーダビリティ研究の方法
ベッツィー・ファレル・ガルシア+エミリー・マクグローン+
マッケンジー・スタッグ
020論考7
ベトナム現代建築における貧しさの美学
五十嵐太郎
022論考8
発展の「美学」、承認の「美学」 庄ゆた夏

学会発 12
024シェル・空間構造運営委員会 川口健一

海外で働く、海外で学ぶ  24
025原住民集落と
工業化建築 永岡武人

海外で働く、海外で学ぶ 25
026現代のミンガに学ぶ―漁村チャマンガから 両川厚輝

建築をひろげる教育のいま 14
027湘南工科大学における新教育プログラム 隈裕子

特集をめぐって 14
029ブリコラージュとしての
ローコスト・デザイン 難波和彦

建築討論アフタートーク 14
031自炊のように作る、
賄いのように作る 笠置秀紀×岩元真明×難波和彦

素材・材料、経年劣化・美化 10
032素材としての
アルミの映え 畔柳昭雄